Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

雪の沼田水上~新潟公楽園

f:id:lsmftt:20161230184827j:plain

旅の想いで

 

今年1年を振り返り いろいろあったなと思いつつ

 

 

f:id:lsmftt:20161230184800j:plain

沼田駅前のヤマザキショップでは、旨いかき揚げそばが250円。

お店のお孫さんなのか、ちびっ子が賑やかにはしゃいでいて、囲炉裏風の休憩所とマッチし心も暖められた。

そんな光景が、いつまでも続いてほしい。

 

f:id:lsmftt:20161230221400j:plain

f:id:lsmftt:20161230184918j:plain

冬の吹割は凍結のためこの距離が限界だった。

f:id:lsmftt:20161230225607j:plain

f:id:lsmftt:20161230221233j:plain

天ぷらそばって、聞くだけでワクワクする。

 

f:id:lsmftt:20161230182955j:plain

吹割では滝こそよく見れなかったが、70年続く「滝の裕ちゃん」でまったりして、それだけでいい時間だった。

f:id:lsmftt:20161230220949j:plain

f:id:lsmftt:20161230235109j:plain

いつまでも続いてほしい。

 

f:id:lsmftt:20161230183128j:plain

水上は廃墟だらけで簡単に侵入できるのも多く見受けられた。

いつか朽ち消え去ることがこの世の運命だと思い知らされる。

f:id:lsmftt:20161230231013j:plain

大きめのホテルが沢山置き去りにされたままだ。

もう二度とは来ない客を待ち続けている様子はなく・・・どうしようもなく雨風に打たれ、ただただ重く・・・時を刻み続けている。

 

f:id:lsmftt:20161230222015j:plain

雪が降り始めた。

寂しい町並みも、夜にはこうして明かりが灯る。

 

1軒目にお邪魔したお店で、強烈なキャラ「世界のたっちゃん」に遭遇した。

この無礼者が!平成生まれが!俺は昭和だぞ!!チンピラが!!!などと暴言吐きまくりのたっちゃんは、なんだかんだ俺らに一杯おごってくれたり、俺のマフラーを巻くと気持ちよさそうにしたり、寂しがりのアル中じいさんだった。定年まで陸自を務めていたらしく、俺にとってはとても複雑な気持ちになる人物であった・・・。

残念ながらこの旅の間、ケータイは緊急時以外使わなかったのでたっちゃんの写真は見せられない。

f:id:lsmftt:20161230222034j:plain

湯酒屋「安兵衛」にて。

ご主人は俺の大学の先輩だったり、水上では縁を感じる出会いが多く、一度も冷たくされることが無くて気持ちよく旅をできた。

ぜひこれを見ている人にも、夜の水上に飲みに行って欲しいと思う。

 

f:id:lsmftt:20161230190626j:plain

一夜明け、ここまでカメラを撮り続けてくれたアリとは水上で解散し、俺は新潟へ向かう。

 

f:id:lsmftt:20161231000628j:plain

f:id:lsmftt:20161230192020j:plain

f:id:lsmftt:20161230191853j:plain

安兵衛で情報をもらい、日本一の地下駅「土合駅」へ。

f:id:lsmftt:20161230191507j:plain

f:id:lsmftt:20161231001427j:plain

f:id:lsmftt:20161231001609j:plain

暗い地下駅に不釣り合いな駅看板

f:id:lsmftt:20161230192029j:plain

新潟では広い空が迎えていた。

越後線分水駅で下車、1630ごろホテル公楽園到着。

 

f:id:lsmftt:20161231002115j:plain

f:id:lsmftt:20161230192201j:plain

f:id:lsmftt:20161231002706j:plain

 

今回の旅こそ、気付けばいわゆる自分探しであった。

今年は辛いこともいくつかあった。

自分の気持ちがコントロールできなくなることもあった。

周囲に迷惑を掛けたり、自分の弱さやくだらなさに気づいたりもした。

 

だけど、きっと好きにすればいいんだと思う。

自分の思うまま、それこそが長い人生の旅路で、そこに意味などない。

そう、、、意味なんてないって、わかったようでわからないことで、これからまた見失うこともあるだろう・・・そんな時はまたフラっとしに行けばいいだろう。整理がつかなければ一度すべてゼロにしてしまえばいいと、浦本も言っていた。

f:id:lsmftt:20161230220106j:plain

どんどん夜は更けていく。

明日は7時間かけて神奈川まで帰る。

それまでに頭の中を整理整頓して、また日常に戻れたらよいなと思う。

 

f:id:lsmftt:20161230222016j:plain